相性の悪い薬はあるの

グルコサミンと相性の悪い薬はあるの

グルコサミンというのは成分の1つです。成分と書くとあまり馴染みの薄いように感じられるかもしれませんね。ところが実際にはいろんな食べ物に多く含まれているのです。

 

例えば、エビやカニ、肉類などに多く含まれています。また、グルコサミンはコンドロイチンとも相性がよく、納豆などの粘り気の多い食べ物に多く含まれているのです。このようにグルコサミンは非常に身近な食べ物に含まれているのです。

 

そして、食べ物というのは人を構成するためのものになります。食べるものが変われば、その人の体型が変わるように食べ物1つでその人の生活環境や、場合によっては抱えるリスクのある病気も変わるのです。

 

食べ物も薬になれば毒にも実はなるのです。グルコサミンも同じように薬になることもあれば毒にもなることもゼロとはいえません。では、グルコサミンと相性の悪い薬はあるのでしょうか?

 

これについては、実際にはあるようです。例えば血液凝固を抑止する薬とは相性が非常に悪いようです。実際に食品安全委員会のサイトでも2010年にドイツで発表したレポートにも、そのことが書かれています。

 

しかし、これ以外に未発表でも、また研究が進んでいないだけで、グルコサミンと相性の悪い薬などがあるとも考えられます。

 

もし、グルコサミンのサプリメントと薬を併用していて、体調に異変が感じた場合には、すぐにサプリメントの摂取を中止して、病院の先生に相談することをオススメします。

相性の悪い薬はあるの関連ページ

どんなものでも効果あるの
グルコサミンはどんなものでも効果あるのか説明します。
あまり効果が期待できなかったら
グルコサミンがあまり効果が期待できなかったら、どのようにすればいいのでしょうか?