いつからブームになったの

いつからブームになったの

人間の脳というのは、おもしろいところがあります。それは1つのことに意識をしてしまうと、そのことばかりが突然目の前にやってくる機会が多くなるということです。

 

たとえば頭の中に、赤いものとイメージをすると、周りを見渡してみる、外に出て歩くと、赤いものが目につきやすくなるということです。

 

もちろん、赤いものが急に増えることはなく、人間の脳は1度意識すると、それに意識が行く一方、他のことに意識が行かなくなるということなのですね。これはグルコサミンに関しても同じことがいえます。

 

1度テレビCMや何らかの情報でグルコサミンのことを知ると、何となくずっと頭の中に残り、アチコチにグルコサミンがあるように感じてしまうような感じになるのです。

 

これは事実、テレビCMなどでも多く取り上げられていますので、そういう意味ではたくさん目につく機会は多いのです。

 

でも、その目につく機会が多くなるということは、何らかのキッカケによって、たくさんの人に認知されるようになり、結果として今に至るというわけです。そのキッカケというのが、1997年頃にアメリカの医師が書いた本になるのです。

 

そのときに関節炎に関する内容を記述したのです。そのときにグルコサミンの効能や効果を紹介したところ、それがたくさんの方に認知され、日本でも知られるようになったのです。

 

そこから日本でもグルコサミンに関するブームが起きて、今に至るというわけです。そういう意味では長いブームが続いているともいえますね。

いつからブームになったの関連ページ

グルコサミンとは
グルコサミンの概要を説明します。
グルコサミンの歴史
グルコサミンの歴史を説明します。
愛用者は主にどういう人
グルコサミンの愛用者は主にどういう人か説明します。